妊娠初期にまず揃えるべきものは?必要リストまとめ

妊娠初期

妊娠したらまず何を揃えたらいいのかな?

分からないことだらけだ~

最近ちょうど妻が妊娠したんだ。

買ったものを紹介します。

妊娠おめでとうございます!

妊娠時に色々揃えるべきものって正直、最初は分からないですよね。

私も最初は分からず、色々調べてました。でも、正直揃えるものが多すぎて、本当に必要なものがどれなのか、わからなかったです。

そこで、私の経験をもとに本当に必要だったものを感想を交えてご紹介します。

妻を愛する新米パパ

妊娠初期はどんな症状が出る?妻のリアル体験を伝えます

私の妻の経験談を中心にご紹介しますので、あくまで参考程度に留めてくだされば幸いです。

妊娠してすぐから「体がだるい」、「気持ち悪い」、「熱っぽい」、「眠い」といい、仕事を早退しがちでした。

あまりにも体調が悪く、味覚が変だといい始めたので、もしかしたらと産婦人科にいったら予想が当たりました。

「おめでとう。妊娠三週間です」とのことで、やはり妊娠していました。

「体がだるい」、「気持ち悪い」、「熱っぽい」、「眠い」といった症状は、多くの妊婦が通る壁のようです。

なお、妊娠初期は(1~4ヶ月)のことを指し、妻の症状の変化をとしては

1か月目 「体がだるい」、「気持ち悪い」、「熱っぽい」、「眠い」

2か月目 味覚の変化 、嘔吐(歯磨き後、味覚に合わないものを食べた時)、  お腹の毛の増毛、髪の抜け毛の増加、

3か月目 ほぼ症状は変わらず。

4か月目 まだ達しておらず、不明。   

一般的な妊娠初期症状は下記のとおりです。

  • 食欲がなくなった、食欲がありすぎる
  • においに敏感になった
  • めまいやふらつき
  • なんだか熱っぽい
  • わけもなくイライラする、気分が落ち込む
  • お腹が張る
  • 便秘がち
  • 胸が張る、乳頭がチクチクする

妊娠初期にまず必要なものはコレ!すぐ用意すべし!!

次に、妊娠してすぐ購入してよかったものを早速紹介します。

妊娠前から実は必要だった?葉酸サプリは絶対必須!

妊娠前から妊娠初期、そして妊娠中期・後期、産後も引き続き摂取することが大切な栄養素「葉酸」。

近年の様々な研究から、妊娠初期に適切な量の葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクが減ることが明らかになっています。

厚生労働省ページへのリンクです

また、細胞の生産や再生を助けて体の発育を促してくれるほか、赤血球の生産を助ける役割を持っていますので、貧血予防にも効果的です。

1日あたりの推奨量も、初期・中期・後期で変わりありませんので、同じ用量を毎日摂取することが大事です。

厚生労働省は、妊活中から1日400ugの葉酸の摂取を推奨していますので、食事で摂取できなかった分はサプリメントで摂取する必要があります。

妊娠初期からしっかり対策したい!妊娠線予防クリーム!

まるで皮膚の内側にヒビが入ったような線が見られる妊娠線。        妊娠した友人から、妊娠線がなかなか消えないという話を聞いて諦めていませんか?

妊娠線予防クリームで毎日ケアをすれば個人差はありますが予防は可能といわれています。

まず、妊娠線ができる原因(メカニズム)は大きく分けると2つあります。

【外的要因】皮膚の急激な伸びによる真皮の断裂

お腹が大きくなることで、皮膚の伸びが耐えきれず、表皮の下にある真皮が断裂してしまいます。そしてその真皮が破けた状態が、肌の表面から透けて見えているのが妊娠線です。

【内的要因】ホルモンバランスの変化による影響

妊娠中にはステロイドホルモンの分泌量が増えるのですが、このホルモンには肌のターンオーバーを抑制させる働きがあります。肌の弾力も失われ、断裂しやすくなります。

妊娠線のケア方法とおすすめのケア用品

内的要因は妊娠初期から起こり、外的要因はお腹が膨らみ始める4~5か月目あたりから起こります。

つまり、妊娠初期から保湿対策を徹底して実施する必要があります。

妊娠線のケア用品はネットで検索すると何100種類もの商品が見つかるので、何がベストかわからないと思います。

それらの中からおすすめのものをピックアップしたいと思います。

おすすめの保湿ケア用品のレビュー

いくつか妊娠クリームを使用しましたが、とにかく塗る回数が多いので、最終的には安めの妊娠クリームを使いながら、高めの妊娠クリームを併用して保湿対策をしていました。

私の妻が一番使用していた妊娠クリームはあかちゃん用品を扱っている老舗のメーカー「pigeon」のボディマッサージクリームになります。

1日1回ケアで、しっとりキープ。
24時間保湿が続く、プレママのための保湿ボディケアクリームです。

おふろあがりなどに、1日1回のかんたんケアでいいとホームページに記載されており、おなかや太ももなど気になる部分に、マッサージなしでお手入れできるのは妊婦にやさしい点だと思います。

妻はお風呂あがりに、二の腕、脇、あばら、お腹周り、腰回り、お尻周り、太もも周りにこのクリームを塗っていました。

つわり時期はにおいに敏感ですが、pigeonの妊婦クリームは無香料なので大丈夫と毎日塗ることができたので、においに敏感な妊婦の方にはお勧めです。

また、大容量サイズを買えば、かなりもちますし、お得ですので絶対お徳用サイズを買うことをお勧めします。

【料金】8,250円 (本体価格7,500円) (定価)
【容量】470g  ※お徳用サイズです
【ポイント】1日1回ケアで、しっとりキープ。自社開発のワセリン配合(保湿成分)。肌でとろけてすーっと伸びる、なめらかな使い心地。最後まで使えるお得なポンプボトル。ボトルに内蔵された内袋が縮んで中身を押し出すので、最後まで残さず使えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン pigeon 保湿ボディケアクリーム 470g
価格:6870円(税込、送料無料) (2020/4/22時点)


その他おすすめの保湿ケア用品

のちのち紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました